未経験からプログラマに、俺はなる!!〜とある東大生の挑戦記〜

院進学予定の東大農学部生がふと思い立ち、10か月でアメリカのプログラマーになるまでの記録(初めての方は左上のリンクから「このブログについて」に飛べます)

Launch Schoolについて〜記事書くだけで朝の勉強時間がなくなったYO!泣〜

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Failure will never overtake me if my determination to succeed is strong enough.
ー Og Mandino

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Launch Schoolについて

・月額199ドル。Preparatoryは無料。

大きく分けて下のフェーズがあり、基本的には上から順にやっていく。

・Preparatory

・Programming & Back-end

・Front-end

・Advanced

・Carrer Services

・Capstone Mentoring (Optinal)

 

 

 今Preparatoryの9. Our Curriculumをやっているのですが、いい説明があるので原文ママ抜粋します。

(流石に翻訳はしませんw辞書ひいて読んでください。)

 

・Preparatory

The first course, which you're in now, is meant to give you a high level overview of what Launch School is about and what web application development is. Courses after the Preparatory phase are supported by teaching assistants and instructors, and require an active subscription.

  • Orientation (you're in this one now)
  • Programming & Back-end Prep
  • Front-end Prep

・Programming & Back-end

By the end of this phase, you'll be competitive for some jobs, like QA tester or other jobs that requires light programming ability. You'll also have a much deeper understanding of web development and significantly improve your problem solving ability.

  • solving non-trivial puzzles and exercises with a programming language
  • HTTP
  • relational databases and SQL
  • web development

・Front-end

By the end of this phase, you'll have a good grasp of HTML, CSS and JavaScript as well as how professional front-end developers deal with modern client-side MVC applications. After completing both the Programming & Back-end and Front-end phases, you will be competitive for entry-level full-stack jobs. The Advanced phase is not mandatory, but once again, the best jobs will require that you know what's covered in the Advanced courses.

・Advanced

You'll have to pass a final assessment, which covers topics from both Programming & Back-end and Front-end phases, to enter the Advanced phase.

 

・Career Services

After the Advanced Phase, we have a "Career Services" where we do what we can to point you to referrals or contacts we have, and give you some spot advice here and there as you need it. By this point, you should be pretty confident technically, and can likely qualify for a job from a technical perspective. There's no additional fees or cost here, and it's part of our normal sequence, and we'll help however we can.After the Advanced Phase, we have a "Career Services" where we do what we can to point you to referrals or contacts we have, and give you some spot advice here and there as you need it. By this point, you should be pretty confident technically, and can likely qualify for a job from a technical perspective. There's no additional fees or cost here, and it's part of our normal sequence, and we'll help however we can.

 

ここがある意味すごい。徹底的な就職支援してくれるそうです。高給な職に限定して就職率100%。1on1のミーティング無料で無制限。

・Capstone Mentoring (Optinal)

The Capstone Mentoring program is an optional and final phase for students who have completed all our courses and passed all the assessments. The goal of the Capstone Mentoring program is to provide a full-service program that aims to prepare students for the top jobs in the industry to start their career as a software engineer.

This is where we can guarantee job placement, because by that point we'll have known you very well, and understand your boundaries and capabilities. We'll pour our resources into packaging you into the best possible candidate, and will dedicate a ton of 1on1 time with you. We're going to do this without asking for any upfront cost, and will essentially be losing money on you -- but we're thinking of it as an investment in you. The idea here is that working with you in this intense 1on1 manner will allow you to acquire not just any job, but the top jobs that you otherwise may not be able to get on your own, resulting in higher pay or better work environment or improved career growth, etc.(この辺読むとテンション上がってやばい!!!!)(目安最低年収$7.5k〜)

 

しかし。。

 

Admittance to this phase requires passing a final assessment. We have a 100% job placement guarantee and this is currently only available to US residents.

 

ん?

 

currently only available to US residents.

 

Noooooooooooo!!!!

 

アメリカ住民に限るってぇーーーー

 

でも最後に。

 

(exceptions may apply for exceptional students)

(例外は、あります。)

 

これにかけるしかない。。。!!

 

あれ、これもしかして、、日本語でLaunch School褒める記事書いてそれをアピールしたら通るとかないかな?wwwないかwww

 

とりあえず交渉してみたいと思います。英語でブログ書いてアピールの方がむしろいいのかな?わからん。。てかもしかして、100% job placement guaranteeがアメリカ人に限るってこと。。?Capstone mentoringは僕も受けられる?そうかも!絶対そうだ。そうに違いない(白目)

というか、多分日本人でこのプログラム終えた人まだいない。

 

"launch school ブートキャンプ”でググると僕の記事が3番目に出てくるし。(2016年11月22日午前9時現在)

 

f:id:a_tetsuo:20161122091036p:plain

僕を試しに日本人のサンプルとして使ってくれたら、後から来る日本人リクルートの手伝いするよ!!とかダメかな。。

 

んー、とりあえず以上です!(やべー最後のonly available to US residents今気づいたよ。。まじかよ)

 

追記

音声にもたくさん情報があるのですが、そこでLaunch Schoolは主に高度なBack-endエンジニアとして転職することを想定して作られているとあります。知識的にはFront-endもやれるのですが、より高度な知識が要求されるBack-endになれればその後は自由で何にでもなれるようです。ただDesinerとかProject Managerとかは別の知識がいるそうで、それは別で学んで欲しいそうです。

Entrepreneurも非推奨だそうです。ここまでの知識はいらないので、起業家向けのもっと軽いITの知識および資金集めや投資家へのプレゼン、ビジネスモデルの組み立て方などなど起業家向けの知識が学べるITブートキャンプ(確かに僕もそれは見つけました)があるので、そちらで学んでくださいということです。

僕はこの部分が若干気になったのですが笑、やっぱり技術の基本知らないとどうしようもないじゃんと思うのでLaunch Schoolで一度はゴリゴリチマチマやっておきたいと思っています。それに起業系のブートキャンプはアメリカ中で確かに見つかったのですが、期間、コストでいうとそれぞれ数週間〜十数週間で数千ドル〜数万ドルします。

英語に不慣れな僕がいきなり行って、その短い期間を有意義に使いきれるのでしょうか。。?無理だと思います。

まだ大学もありますし、月額199ドルでオンラインで学べるプロ向けプログラミング学習英語コンテンツがあるなら今はそれに没頭しておくのがベストかなと思います。

体験談ですが、これを聞いたらある意味留学に行くのよりもよっぽどいいと思いました。

<聞いた体験談>

留学しても(日本人が日本語を学ぶにあたって一度はやってたように)自分で語彙力をつける努力をしないと、結局は「大人と話せる英語圏の小〜中学生レベル」の人にしかなれない。それで買い物を始めとして普通の生活を送るためのコミュニケーションがとれてしまうので、それ以上の英語力は意識しないと付かない。

</聞いた体験談>

それならじっくりプログラミングを勉強しながら、プログラミング周りの語彙を蓄積していった方がためになりそうです。実際の講演じゃ無理でも、動画ならいつでもストップして辞書も引けますし。

Launch Schoolをやっていて感じるのは、英語でこんな量の文章を本気で読み聞きしたことないなということです。起業系のブートキャンプに行くにしても、そうやって英語力を一定レベルまで上げたうえで行く方がよっぽど合理的だと思いました。

そもそもですが、まずはアメリカに行って腰を据えてから次のことがしたいです。憧れの国ではあるのですが、東大も昔は憧れでしたし、高校も入るまでは憧れでした。本当に想像通りの憧れの国なのか。。現実と外から見た実態は違うことが多いと思います。なので、まずは行って実際の雰囲気を感じてきたいですね!!